架空のブランドを作ってブランディングしてみた。

はなつか
はなつか

やあどうも、はなつかです。
私はクリエイティブ全般を取り扱ってた専門学校を卒業しているのですが、
個人制作というものがあって、個人でなにかを制作して発表するというイベントがあったんですね。

ほとんどの人は「webサイト」「アニメーション」「ゲーム」を制作していたのですが、
とある先輩が「ブランディング」の制作をしていたのがすごく印象に残りました。
先輩は架空のお菓子メーカーを作ってそこの新商品をブランディングしていました。
発表を見ていた時の私は「めちゃくちゃ楽しそう!いつかやりたい!」と思ったのですが結局ブランディングもよくわかってないまま6年くらい経ってました….
なので今回は私もブランディングを学んでなにか制作してみたいと思います。

そもそもブランディングとは?

共通のイメージを認識させることをブランディングといいます。
ユーザーの「この商品ってこうだな〜」って意見と
企業側の「こういうイメージを持ってもらいたいな〜」って意見が共通するようにPRしていきます。

今回は架空のブランドを作ってブランディングしてみたいと思います。
ランダムテーマジェネレータで出たお題を元に架空のブランドを作成します。

出たお題は「毎日・カフェ・ヒール」でした。
(いい感じのお題が出るまでクリックしたのは内緒です)

ターゲットとコンセプトを決める

今回制作するブランドはカフェです。
最初にターゲットとコンセプトを考えてみます。
今回のお題に「ヒール」が入ってるので、女性をターゲットにします。

私の中で「毎日」というワードから学校と会社が連想できました。
カフェといってもいろんなコンセプトがあるし、ヒール=女性だと幅が広すぎて全然ターゲットが絞れないですね…

と試行錯誤しながらいろいろ考えた結果

ターゲット
「IT企業に勤める10代後半から20代前半の女性」
テーマ
「毎朝の出勤を楽しくするカフェ」
コンセプト
「慣れないヒールを履いて出勤する女性に、毎朝のちょっとした贅沢を提供できるカフェ」

というカフェをブランディングしていきたいと思います。

ブランドの方向性を考える

ここで一旦カフェのポジショニングマップを作成しました。
独断と偏見で競合店をマップに配置しています。

マップだと「シンプルなメニューで高価格」と「ゴージャスなメニューで低価格」のとこが空いてますね。
コンセプトに毎朝のちょっとした贅沢といれてるのでシンプルメニューよりはゴージャスな方が良さそうです。
なので「ゴージャスなメニューで低価格」という条件があうカフェを想定していきます。

ブランドをデザインする

方向性が決まったのでいよいよデザインに入ります。
今回はロゴとパッケージを制作していきたいと思います。

ロゴとパッケージ制作

まずはロゴから制作します。

とりあえずこんな感じでいくつか案をだして考えながらロゴを作って行きます。

ロゴを元にパッケージもつくっていきます。

最終的にこういう形になりました!
ターゲットがIT企業に勤める10代後半から20代前半の女性なので
ハートモチーフで可愛らしいイメージで作成しました。
ハートを使用してますが色味は落ち着いたカラーを選んでみました。
オフィスで飲みやすいパッケージを意識しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
個人制作は約半年かけて制作するので、もっとターゲットやデザインも作り込まれた状態で発表するので今回のカフェは全然個人制作には及ばないのですが、時間を見つけてこの作品もブラッシュアップしていきたいです。

WEB制作・システム開発承ります お気軽にお問い合わせください WEB制作・システム開発承ります お気軽にお問い合わせください